行き遅れBBAは爆乳スーツで部下のち〇ぽを堪能するw

昔、友人と女性の衣服で最も色っぽい(ただし、何も着ないと下着は抜き…)ものは?というくだらない話で大論争をした事があったが、結局、答えは至らなかったが、入社した会社には行き遅れの行き遅れBBA(ババア)と言われている34歳の行き遅れBBAの女主任がいるが、自分は普段から女としてずっと見ていて、`いつか犯してやりたい…´という願望に駆られていた日々を過ごしてきたが、ついに念願叶う日がやってきた。とある出張帰りで交通事情の関係から温泉旅館に泊まる機会があり、出張の目的である交渉がうまくまとまり、宿泊したその日の夜は行き遅れBBAの女主任の部屋で祝勝会の様な飲み会をしていたが、お互いに飲み過ぎてしまい、かなり酔ってしまった。すると行き遅れBBAの女主任は普段見せない淫乱姿を現し、浴衣を乱れ、乳房をさらけ出して笑いながら`おっぱい飲みたいの~?´と誘ってきたので自分は悪ふざけで乳房にしゃぶりついた。すると行き遅れBBAの女主任は頭を撫でながら`いい子×2´と言いながら可愛がってくれたが、乳房を味わっていくにつれて乳首は固くなり、息が荒くなっていくのも分かったが、自分はしばらく続け、ある程度、気持ち良くなったと分かると今度はキスに移り、手は乳房に当てがって乳房をほぐし始め、しばらく続けると行き遅れBBAの女主任は我慢できなくなったのか自分を払いのけてパンツを剥ぎ取ってさらけ出させられた一物をしゃぶりだし、今まで味わった事がない快楽に襲われ、すぐに一物は果ててしまい、放たれた白い蜜を行き遅れBBAの女主任に飲み干されてしまい、さらにさりげなく`会社内で秘密にしてるんだけど、精液(ザーメン)ハンターなの。´と言ってきた。しばらく唖然としていると行き遅れBBAの女主任の秘部が見え、そこがさっきの乳房責めで濡れている事が分かるとすかさず`僕は中出しハンターですよ。´と言って、起き上がって行き遅れBBAの女主任をおしかけて強引に倒して濡れた秘部に一物を挿れて堪能しだしたが、さすがと言わんばかりに行き遅れBBAの女主任の中は一物を受け入れるかの如く、ピストンの度にまとわり付いて快楽へ誘ってくれ、元からそんなに我慢できる方じゃなかったので行き遅れBBAの女主任に`中で逝っていいですか?´と聞いたら`いいわよ!受け止めてあげる!´と言った途端、中で白い蜜を放って果ててしまった…。しばらく休んでいると行き遅れBBAの女主任が微笑みながら`私を本気にさせたわね!´と言い、そのまま2回戦目に突入し、その流れで何回も交わいながら精液(ザーメン)を搾り取られるか如く、一晩を明かした…。

4月から入社した私は新入社員です。対して私が気になっているのは女主任である34歳の会社の行き遅れBBAでした。彼女の体質が爆にゅうであることから、ほんの最近だが気になって仕方なく、ついちらちらみてしまいます。この前も仕事のミスで行き遅れBBAに怒られてしまったが、すみませんでしたと謝る時にはちきれた爆にゅうでムラムラしてしまうということがされどありました。その時はミスしたときの反省よりも彼女を襲いたいと不覚にも思ってしまったほどでした。彼女は怒り終えるとスタスタと歩き去ったがその時の爆にゅうが縦に揺れていたのがとても印象的であり、他の男性社員の目の釘付けになっていましたが、行き遅れBBAは気にせずにひたすら歩き、自分のデスクに戻りました。ある日、私の歓迎会のときでした。行き遅れBBAは慣れないお酒をたらふく飲んでしまったのか、愚痴をこぼすという普段は見せない様子でした。ほろ酔いということもあり、呂律が回っていません。そのうち行き遅れBBAが私の隣に座り、私の普段の仕事ぶりについて話してくるうちに、次第に酔いつぶれてしまいました。周りにいた人たちが行き遅れBBAの家まで送ってやってくれと私に声をかけてきたので飲み会後、私は行き遅れBBAを肩にかけて家まで送りました。ばばあの家に着き、靴を脱いだ私はベットに行き、そこで肩をほどこうとすると重さで身体ごと崩れてしまい、行き遅れBBAの顔がすごく近くなったからドキドキしてしまいました。その時、行き遅れBBAが酔った勢いで私の手を掴んで彼女の胸を揉ませ、私も久々のお酒を飲んでしまい、酔った勢いで私は行き遅れBBAの唇に近づき、キスをしました。それも深く深く。そうしているうちに彼女は舌を絡ませ、私も舌を出し濃厚に絡ませました。ついでに爆にゅうを揉みました。マシュマロみたいで柔らかく、彼女は喘ぎながらも私は股間に手を突っ込み、愛撫しました。そしてパンティと服を脱がし、私も裸になってそのまま肉棒を挿入、突いた。正常位、起乗位、バックで何度も突きました。そしてフィニッシュ。二人とも疲れはてたが満足したようで、その後私は好きだよと告白し、行き遅ればばあとカップルになりました。現在も関係を続いています。

とある日曜日、一本の電話が入ってきました。電話に出てみると、それは34才爆乳行き遅れBBAでした。何か用かなと話を聞いてみると、仕事が山積みで休日出勤しても追い付かないとのことでした。特に用事もなかったので手伝ってあげようと会社へ行くと、ムーンとしていて生ぬるい風が扇風機で送られてくる状況です。どうやらクーラーの調子が悪いようで真夏日の中汗だくになりながら仕事をしていたそうです。34才爆乳行き遅れBBAも相当な汗をかいたらしく、服は透けブラジャーが丸見えの状態でした。最近ご無沙汰だった僕のアレがムクッとなるのを感じましたが、平然を装い仕事をしていると、34才爆乳行き遅れBBAがいきなりこう言いました。最近ご無沙汰だったんですね、と。僕は何の事ですか?と訪ねると僕のアレを指差しながら微笑みました。僕は慌てて隠そうとしますが意識してしまうと余計に大きくなってしまいもうどうすることも出来ないくらいビンビンになってしまいました。するとその姿を見た34才爆乳行き遅れBBAはそっと僕の横まで来て服の上からアレをさすってきました。ここまで来てしまうと僕も男な訳で我慢するのが難しくなり、その自慢の爆乳を鷲掴みにし少し強引にキスをしました。相手もその気だったのか下を絡ませて来てゆっくりベルトを開けられズボンの中に手を入れてきて僕の元気なアレを握ってきました。僕も爆乳からそっと手を下げ割れ目に指を当てるともうすごいことになっているのがパンツの上からもわかりました。パンツをずらすと僕のパンツもゆっくり脱がしてくれて、口でパクリとくわえてくれてやらしい舌使いでアレを攻められこのままだとすぐに果ててしまいそうと感じた僕は、次は僕が割れ目に舌をはわせ攻めてやりました。すると色気のある声で喘いでいるので僕は我慢できずそのまま彼女のなかへと入れ、無我夢中で腰を振りました。すごくキツくて僕は5分もせず爆乳女のなかで果ててしまいました。そのあともしっかりお掃除してくれてすごく気持ち良かったです。34才爆乳行き遅れBBAとは今でもセフレとして関係が続いています。