巨乳田舎娘と過ごすエッチな夏休み 無料ネタバレ/都会ではみんなヤッてるよと騙して巨乳田舎娘をハメ倒すww

BookLive!コミックで配信されている
巨乳田舎娘と過ごすエッチな夏休み
のネタバレを紹介します!

オレは仕事に疲れたサラリーマン。
2週間の有給を消化し、親戚の持っている空き家に田舎暮らしを満喫しにきた。

ゆっくり過ごそうと思ったのに玄関から呼ぶ声が。

せっかくゆっくりしようと思ったのに・・・
と思いながら出てみるとそこには
とにかく可愛い美少女が!

都会からオレが来ることを誰から聞いてやってきたという。
どうやら都会に憧れていて色々聞きたいらしい。

田舎娘は真剣に話しを聞きたいようだが、
オレはそれどころではない・・・

なぜなら田舎娘がたわわに実り過ぎているからだw
しかも田舎育ちで警戒心が薄いのか、
ノーブラで乳首が透けている・・・

オレは決めた。
ゆっくり過ごすのを辞めて
夏休みはとことん彼女と過ごすことに・・・w

都会ではみんなやっていると騙して、押し倒してそのまま生で・・・
アイスキャンディーの代わりにオレのものをペロペロ・・・
プールサイドでほぼ丸見えのビキニを着用させて・・・
夏祭りで浴衣を剥ぎ取ってそのまま野外で・・・

何も知らないうぶな田舎娘、最高にエロいww

 

巨乳田舎娘と過ごすエッチな夏休み 配信情報

巨乳田舎娘と過ごすエッチな夏休みの配信タイトルは以下です!
現在7話まで配信中!

第1話 セッ●ス知らないの?都会じゃみんなヤってるよ
第2話 都会の水着ってお尻もおっぱいも丸見えなんですね
第3話 プールの中だけど…おち●ちん欲しいです
第4話 アイスの代わりに…お兄さんのを食べたいです
第5話 お外でイッちゃう…ローターつけて露出デート
第6話 お祭りを離れて…浴衣をめくってバックでパコパコ
第7話 最後の日…朝までずっとシてください♪

巨乳田舎娘と過ごすエッチな夏休み 巨乳田舎娘といきなりズコバコw

会社から転勤命令が出て中国地方のある地方都市へ転勤した、要するに落ちこぼれ認定です、妻子は東京に置いてきました子供の学校があるから妻は反対でした、前から妻とはレス、どうも男が要る感じで俺が居なくてもあれのほうは大丈夫みたいです、子供のことを考えて今は見て見ぬふりをしています、田舎に来ればまたいい出会いがあると思い、田舎娘を探すことにした。工場は工業団地の中にあるので町の郊外で社用車を使い町のアパートから通勤を始めた、独身寮があるが若い物ばかりなので年寄りは一人住まいを選んだ、6畳一間でテレビと冷蔵庫とパソコンだけの部屋、たまに妻にメールするだけである、食事は近くに定食屋でしてます、毎日夕食はそこでしていた、そんな時同じアパートに住む若い女性が食べに来た、何回も話をすると同じ工業団地の中の会社の事務員らしい、自分が東京からの単身赴任者と言い、女性はかなり田舎で通勤が車でも2時間以上かかるからアパートを借りているとのこと、若いから彼氏がいるだろうと言うと、彼氏に二股かけられて別れたとのこと、自分はもしかしたらやれるかもと思い優しくいい男はたくさんいるからと慰めていました。ご飯を食べてまだ飲みたらないので近くのコンビニでお酒とおつまみを購入して自分の家に彼女を誘いました。一緒に歩くといい匂いがして横から見たら巨乳でした。腰はくびれ大きなお尻をして息子はその時点で臨界体制、我慢をして一緒に家で飲み始めました。彼女の愚痴を聞いてやり自分の妻が浮気をしてることも話しました。トイレから帰り彼女の横に座りいきなりキスをして舌を中に入れたのです。彼女も待ちかねたかのように舌を入れてきて長いデープキスをして彼女の服を脱がせ上からキスをしてクン二をしたらあそこから愛液があふれてきて69になり自分のものを口に入れて愛撫をしてくれました。正常位で合体をしてその日は3回したのです、それからは毎日のように求めあい現在も続いています。

巨乳田舎娘と過ごすエッチな夏休み 都会のことを何も知らない巨乳田舎娘を騙してハメ倒すww

ふうかのメロンを二つ並べたような巨乳と、白くて透明な肌に痛いほど勃起した俺は、「ふうかちゃん、国際化が進んでね、東京では、初対面の男女はまずキスするんだよ」と嘯き、ふうかにキスした。ふうかは驚いたようだったが、抵抗はしなかった。それをいいことに、俺は舌をふうかの口腔内に侵入させ、舌を嘗め回し吸いまくる。 すると、「うぅん」と言いながら、ふうかも舌を絡めてきた。お互いの唾液が服を濡らすほど、激しくキスした。 キスしながら、俺は我慢できずに、ふうかのタンクトップをまくり上げる。ノーブラだったので、ふうかの爆乳がボロンボロンと飛び出す。「これも今や東京では常識の挨拶なんだよ」と言いながら、俺は爆乳の谷間に顔を埋め、さくらんぼのような乳首を強く吸ったり甘噛みしながら楽しむ。「あ、あはーん。そんなことされたら、ふうか感じちゃうの」「感じていいんだよ。万国共通のおもてなしはね、相手を感じさせることなんだ」「そうなんだ……あぁん…勉強になりますぅ」 ふうかの乳を激しく揉みしだきながら、俺はふうかのホットパンツと水色のパンテイを脱がす。ふうかの可愛い顔に不似合いの剛毛と、すでに濡れてジュクジュクになったピンク色のオマンコを、しばし俺は見惚れた。こいつは芸術だ! 「……恥ずかしい」ふうかがそう言ったのが合図になり、俺はふうかの股間に頭を埋めた。オマンコを舐め淫汁を吸い、おマメを指と舌で刺激してやる。「ああ、イクッ!」鉄砲水のような潮を吹きながら、ふうかが果てる。 俺は、ふうかの口とオマンコで射精するのを、今日は我慢することにする。まだ、田舎での休みは始まったばかりだ。ゆっくりたっぷり楽しめばいい。 果てて、脱力して寝転がっているふうかの髪を撫でながら、その耳元で「ふうかちゃん、これは東京のまだ一部。これから、全部を教えてあげるからね」と俺は囁いた。

巨乳田舎娘と過ごすエッチな夏休み 都会を離れ田舎でのんびりしようとしたが、いきなり訪ねてきた田舎娘が巨乳過ぎてそれどころじゃないww

都会の雑踏も疲れる。今週は長期の休暇も取れたし、のんびりとするか。と思ったのも束の間。娘「お兄さ~ん。東京から来たのぉ~」そう、東京からね。のんびり心を癒しに来たんだ。と言いつつも娘の姿を見ると、なんとも純朴なお姿。薄着のTシャツ一枚か…それに豊満でムチムチしたお体だ。美味しい水と野菜に育てられたに違いない。異性の前に、その様なお姿で現れるとは何という警戒心の薄さだ。まぁ、満員電車に乗る事もないだろうからな。娘「東京って沢山の人がいるんでしょ。TVで見たよ。」俺「ああ、まともに歩けないほどにね」娘「こういうTシャツの女の子もいるのかな」ああ、いるとも。渋谷なんかの休日には目のやりばに困る。娘「もっと東京の事、教えて~」俺は困った。やっと東京から脱出してホっとしたのに、東京の事を思い出すのか…おぉ、そうだ。良案が浮かんだ。俺は何やら企んで、この休日を有効に過ごそうと考えた。「もっと東京の事を教えてあげよう」俺「夏になるとなぁ、東京じゃ女の子は男と一緒に芝生に寝ろころんだりするんだ」娘「へぇ~、こうでいいのかなぁ」と俺の横にゴロっとそのたわわな巨乳をさらけ出した。俺「ゴクッ。そして男を喜ばせるんだ、こうやって」俺はベルトを外すと見事に成長した肉棒を真夏の芝生の上に出した。「いいか、これを掴んで固くなったら、口に含むんだ」娘「そっか~喜ぶんだね。だんだん固くなってきたよ。そしてこれを口に入れるのか。んんん」さすが口の締まりも最高だ。野菜をバリバリ食べているからに違いない。俺「その後はぁ、これを着るんだ。」と小さいビキニを彼女に差し出した。娘「これはいるかなぁ…」エロい、ムチムチ感120%だ。俺はムチムチの桃尻を鷲掴みにした。パンパン。青空の下、なんて気持ちいいんだ。娘「気持ちいいよぅ。東京の人はこんな気持ちイイ事してるのぉ」「毎日してるさ」その日の夕暮れ、俺は彼女に浴衣を着るよう命じた。娘「おまたせ~、似あうかなぁ」ああ、昼間のビキニラインを想像するとたまらないぜ。俺は屋台の裏に彼女を誘い出した。娘「ここじゃ暗いよぉ」暗い方が燃えるのさ。娘「きゃぁ」俺は彼女の浴衣の裾をめくった。娘「これも東京流なのぉ」これは俺流だ。浴衣の中は薄いスキャンティだけだ。スルスルっと降ろすと月夜に白い桃。パンパン。太鼓の音に混じる。俺「とても良い休日だぁ。とても癒されるよ。パンパン」

巨乳田舎娘と過ごすエッチな夏休み 田舎娘を外に連れ出し屋外でハメハメw

いつ母親が帰ってくるか分からないので、2人きりになるために俺は娘を外に連れ出した。「小学生の頃に遊んだ秘密基地がまだあるか見に行ってみようか」と言うと娘は喜んでついてきた。その秘密基地は小学生の頃に本当に作ったもので、たまに同じクラスの女子と2人きりになってめちゃめちゃドキドキした時の事を思い出した。もちろん、まだ小学生だったからエロいことは何も出来なかったがミニスカートからちらちら見える純白のパンツに興奮したことを今でも覚えている。今日はそんな子供の頃の妄想を現実に出来るチャンスがやってきたのだ。昔と変わらない竹藪の中を進んで行くといい感じのスペースを見つけることが出来た。実際の秘密基地はもっと奥に入ったところだったが、そんなことはどうでもよかった。「この辺だったかな~」と言って俺は地面に座った。すると娘も俺の隣に座った。蒸し暑い中を歩いて汗だくになっていた俺は「暑いから脱いじゃおう」といってTシャツを脱ぎだした。そしたら何と娘も「私も」と言って白いシャツを一気に脱ぎ去ってしまった。ピチピチの巨乳が目の前に現れていきなり興奮の絶頂になりそうであったが、そこは大人を装って「いっぱい汗かいちゃったね」と言ってハンカチを取り出した。まずは自分を落ち着かせるために娘の後ろに回って背中から拭き始めた。そして俺は立ち上がり肩から前の方へ手を滑らしていった。全く抵抗する気配のない娘の様子を確認した俺はハンカチを落とし素手で上から両乳を揉みだすのであった。娘は目を閉じて「あ~ん」とかわいい喘ぎ声をあげた。気が付くと俺の顔は娘のすぐ横にあった。このままキスしたい。と思った時に軽自動車が近づく音かした。「誰か来るっ」といって2人は急いでシャツを着て竹藪から出ていった。2週間の夏休みの初日にしては出来過ぎの1日だった。残りの夏休みは最高に楽しめそうだと確信した俺であった。

巨乳田舎娘と過ごすエッチな夏休み 畳の匂いのする田舎の借家で何も知らないうぶな巨乳田舎娘をスケベ女へと調教w

家でゴロゴロしていると近所に住む女の子が訪ねてきました。女の子は来年大学を受験するので、都会のことをいろいろ教えてほしいと言っているため、特にすることもなかったので上がってもらい話を始めました。訪ねてきた時からかなりの巨乳で顔もかわいい子だと思っていましたが、話をしている途中でノーブラだという事に気付いてしまいました。しばらくの間は気付かないフリをして会話をしていましたが、一度気づいてしまうと巨乳のことしか考えられなくなり、それとなくエッチな話を混ぜながら話していました。田舎ということで、もちろんセックスの経験は無いようですが、年齢的にもエッチな事にとても興味があるようで、気がつくとエッチな事をいろいろ聞いてくるようになりました。私が「セックスしてみたい?」と聞くと、「してみたいけど相手がいない」と答えました。その答えに私はこの子とセックスできるかもしれないと思い、勢いで「俺と今からセックスする?」と聞いてみました。女の子は「え?」というような表情をしていましたが、拒否はしてこなかったので、いきなりキスをしてあげました。拒否されたらそこでやめようと思っていましたが、拒否する素振りが一切なかったので最後までやってしまおうと思いました。キスしながらノーブラの巨乳を揉み、しばらく揉んでからTシャツの裾を捲ってみると今まで見た中で一番の美巨乳でした。綺麗なピンクの乳輪に小さな乳首というところも私の好みで、美巨乳を揉みながらもう片方の乳首に吸い付いてしまいました。乳首を舐めていると感じ始めて声が漏れてきたため、乳首を舐めながら下着の中に手を入れてマンコをいじり始めました。既にビチョビチョのマンコをいじってから全裸にして、都会の女の子はみんなしているからと教えてフェラをさせました。もちろん経験がないためうまくはなかったですが、美巨乳で挟んでもらいながら咥えてもらっている時は射精しそうになりました。十分にフェラをしてもらってから、都会の女の子はゴムを付けずにセックスしているとまた嘘を言い、生で挿入しました。そこからは、私も興奮していたため、美巨乳が揺れるのを見ながら思いっきり突きました。すぐに射精しそうになり、最後は抜いてお腹の上にたっぷりと出して終わりました。