凶悪女王の母と最低男 たった一か月で寝取られた堕ちた自慢の母 ネタバレ/チャラ男のデカチンの前では凶悪女レスラーもメスの顔w

BookLive!コミックで配信されている
凶悪女王の母と最低男 たった一か月で寝取られた堕ちた自慢の母
のネタバレを紹介します!

現役ママレスラーの美雪。
誰もが恐れる凶悪の女レスラーで女王的存在。(表の顔)

しかし、ひとたびリングを降りると
1人息子を育てるシングルマザー。しかも美人で巨乳ww

そんな美雪にひょんなことから拾われた
チャラ男のクズ男ww

なんの取り柄もないがデカチンでテクはあるww

美雪の家に居候するうちに
普段は凶悪女レスラーだが美人でムチムチした美雪に欲情し
土下座でヤらせてくれとお願いするw

断ればいいものの、変な情で
提案を受け入れてしまう美雪w

美雪は十年以上未使用のあそこに
チャラクズ男の極太のものをぶち込まれてしまう・・・

最初は強がっていた美雪だが
チャラクズ男のデカチンに次第に屈服していく・・・

凶悪女王の母と最低男 配信情報

凶悪女王の母と最低男、配信タイトルは以下の通りです!
9話完結!

第1話 無敗の凶悪女王レスラー「ジオーガ・ミユキ」
第2話 初めてのフ○ラに挑戦!お礼のク○ニでイキまくりっ!
第3話 筋肉マ○コ騎乗位で巨根チ○ポに仕返し!
第4話 夜這いでゴムなしチ○ポを入れられ絶頂!
第5話 バイト終わりに路地裏で膣内出し野外セッ○ス!
第6話 クリとGスポット同時責めお漏らし連続絶頂!
第7話 負けたら絶対服従!?ガチハメ真剣勝負!
第8話 女王敗北!チャラ男のいいなりで濡れるアソコ…
第9話 完堕ち!息子の前で無様にイキまくる元女王レスラー

凶悪女王の母と最低男 凶悪レスラーとして名の通る美雪もチャラ男のデカチンの気持ち良さに完全に3カウントホールド負けww

オラァー。ダァー。ウチの凶悪女王のお帰りだ。TVでの彼女は「凶悪の女」レスラー名で通っているが、家に帰ると1人息子のシンママである。それもかなりの美人で巨乳持ちときた。俺は、そんな彼女にある日から世話になっている居候。もうかれこれ数年にもなろうか。普段は屈服の体に恐れおののいているのだが、最近は慣れてきたせいか彼女の中に「女」を感じる様になってきた。ある日の晩、俺はとうとう内なる男が女を求めて彷徨った。隣の部屋にいる凶悪女、いやいや「女」に近づいた。俺「もう、かれこれ数年になるが、もう我慢の限界にきたんだ。たのむヤラせてくれないか。男として」女「キミにも息子共々、世話になっているしな。まぁいいだろ、一回だけだぞ」俺はギンギンになっている股間を摩りながら、女のガウンに近づいていった。女「スゴいな、レスラー級だ。お手柔らかにな」彼女のTバックを脱がすと一気に深く湿った溝に押し込んだ。女「うう…最近していないしな。」俺はレスリングで締まった腰を掴んで抽送を繰り返した。「湿っていながらも、なんて締まっているんだ。ミミズ千匹とはこのことかぁ」俺は背筋に快感を感じながらも繰り返し彼女の中に出入りした。女「ふ、ふといわぁ。こわれそう…うう」「こんなに美人で巨乳なのに、レスラーとは…ギャップに萌えるぜ。」俺「出るぞ」女「イクぅ…」とうとう、女レスラーはKO負けとなってしまった。女「はぁ、私の負けだわ。もう好きにしていいわ」俺は凶悪女レスラーに勝ったのだ。そして凶悪女を演じて帰ってきた夜には、俺の背中に爪を立て、OK負けをする可愛い女になっていった。

凶悪女王の母と最低男 シンママの女レスラーは10年ぶりに男のち〇ぽぶち込まれ、激しく掻き回されるww

10年振りの快楽に、身を委ねてしまう自分と、男なんかに負けられないと思っている自分とが戦っている美雪、その気持ちを分かっているのか、チャラ男は攻めることを止めず、美雪の一番奥に当たる部分を力一杯突いた。プロレスで鍛え上げられた、肩から二の腕、そして腹筋から力が抜け、男性顔負けのプロレスラーから一人の女性に変わった瞬間でした。試合中の叫び声で、少しダミ声だった美雪の声も、だんだんと艶を帯びてきて、プロレスラー美雪の影は鳴りを潜めてきました。「あっ、そこはダメ・・・」と、久しぶりの快楽に、どうしてよいのか分からなくなってしまった美雪に「ダメなんですか?じゃあ、止めましょうか?」とチャラ男の言葉。唇を噛みしめ、潤んだ瞳でチャラ男を見つめています。「どなんですか、ちゃんと言わないとわかりませんよ」完全に有利な立場に立つことが出来たチャラ男、笑みを浮かべながら、奥を一突き、二突き、ゆっくり焦らすように差し込みます。一番奥まで届いたところで、腰を回し、グリグリと攻め続けます。理性も抑制も完全に失ってしまった美雪は、「ごめんなさい、止めないで、もっと・・・お願い」「もっと?もっとって何をですか?それと、お願いしますでしょ?」屈強だった美雪の変貌ぶりに、チャラ男も興奮してきたのか、征服感で満たさせれてきました。「もっと、もっと続けて、気持ちいい・・・お願いします」ついに、美雪の心もち制圧することに成功したのです。チャラ男もその言葉に興奮してきたのか、一段と固く大きくなったかのようでした。体勢を変え、美雪の中の全てを突き、擦り、掻き回し続けました。いつしか美雪は、声を出すこともできず、想像と限界を越えた快楽から、気を失ってしまいました。それを見た、チャラ男もぞっと口づけをしたあと、美雪の中に果てました。

凶悪女王の母と最低男 普段は凶悪女レスラー、ジオーガ・ミユキw夜はオレのチ〇ポに屈服して中出しされるww

普段は屈強な女だが、ひとたび仕事を終えると俺にしか見せない裏の顔がある。屈強な女なのに美人で巨乳で10年以上も未使用なんて、これ以上にそそられる話はない。ある日の夜、土下座でやらせてくれとお願いすると案外すんなり受け入れてくれた。10年以上も未使用のせいか溜まってるのか、この瞬間からワクワクとドキドキが止まらない。そしてついにその時がきた。絶対的なテクニックとアソコのデカさに自信のある俺は、美雪の口にアソコをぶち込んだ。10年ぶりの美雪は犬のようにしゃぶりついた。頰を赤くしながら嬉しそうに、いやらしい顔をして舐め回す。普段はあんな屈強な女なのにこんな姿を見るのは初めてだ。俺も興奮が止まらない。10年も未使用のせいか美雪の局部はピンク色をしててとても綺麗だ。俺もそこにしゃぶりつく。いやらしい音を立ててお互いに舐め回す。美雪の腰は今にも砕け落ちそうでしきりにビクビクさせながら気持ちが高揚していく。もっと感じてもらおうとテクを使って更に高速に舌を使って美雪をいじめていく。美雪のアソコはもう既に絶頂寸前だった、そのときだった。美雪のアソコが潮を吹いたのだ。おれの顔は美雪の潮でビチャビチャに濡れた。屈強な女がこんなに感じていやらしい姿になっているのは初めて見る。おれも興奮がとまらない。美雪の巨乳を鷲掴みにする。乳首も熟女とは思えないくらいピンク色でとても綺麗だ。乳首を摘むといやらしい声をらあげる。舐めては吸って、吸っては舐めての繰り返し。美雪はもう絶頂を迎えていた、更に追い討ちをかけるように、おれはもう我慢できなくなり、10年以上未使用の美雪のアソコにデカチンをぶち込んだ。処女のような締まり具合でキツキツのアソコからは愛液が流れ出していた。速さを緩めることなくピストンのスピードを速めていく。もう我慢できなくなり、とうとういってしまう。美雪の中にドップリと発射してしまった。

凶悪女王の母と最低男 10年ぶりのち〇ぽはチャラ男のデカチンww凶悪女レスラージオーガ・ミユキ、あっさりイキまくりww

私は美雪の髪を力づくでガッ掴み、最初からそういう態度に出てろボケ!今から女に生まれた事後悔するくらいメチャクチャに犯し壊してやるから覚悟しろよ色ボケマゾ豚が。と耳元で怒鳴りつけました。美雪はリングの上での強気はどこへ行ったのか弱々しく、はい、申し訳ありませんと返事をするだけです。美雪を四つん這いにさせ、そのドカ尻をぶざまにこちらに差し出させ屈服のポーズを取らせました。まだ粗チンしか知らなさそうな、ビラビラもピンクで伸びていない綺麗なマンコをしています。私は自分の化け物デカチンでこのマンコをドス黒く醜く形の崩れてマン肉ハミ出したグロマンに仕込んでやろうと決意しました。そして痰と唾を手のひらに絞り出し、それを塗って黒々と禍々しいほどのデカチンをヌルヌルにしました。こうしないと女が死んでしまうからです。過去にも何人かそれでぶっ壊しましたけど。私は女児の拳ほどある亀頭を美雪のマンコに当てがい、お前いま自分が置かれている状況理解してるか?スラム街で拳銃突きつけられてるようなモンだぞ。と脅しました。美雪の、はい。理解しています。という返事を聞き終わらないまま私はチンポを美雪の子宮めがけて一気にブッ刺しました。部屋に人間のものでは無いようなものすごい叫び声が轟きました。美雪はデカチンに一突きされただけで断末魔と共に意識をブッ飛ばしてしまいました。もちろん私はそんなのは無視で、美雪の尻を鷲掴みにしながら機械的とも言えるほど非情に、野生的なほどパワフルでなおかつ女の弱点である子宮を狙った狡猾なピストンを延々と続けて美雪は声すら出ていませんでした。

凶悪女王の母と最低男 大事な1人息子の前でチャラ男のデカチンで無様にイキまくる凶悪女レスラーww

いきなり土下座をしても簡単にはやらせてくれないことは分かっていた。だからこの日のために俺はしっかりと作戦を練っていた。まずは1人息子を利用した。息子と仲良くなって一緒に風呂に入った時に、さりげなく自慢のデカチンを息子に見せつけてみた。すると予想通り息子は母親に「あのニイちゃんスゲ~チンチンでかかったよ~」と母親に伝えたのであった。「何言ってんのよ~」と言いながら、いつもは鬼のような形相をしている美雪の顔がちょっと和らいだような気がした。そして、もう1つの作戦は美雪が毎朝起こしに来てくれる時だった。最初に隣の部屋で寝ている息子を起こしてから俺の部屋にやってくる美雪だが、息子を起こすための美雪の大声でいつも俺は目が覚めていた。すると俺はトランクスの横からわざとチョットだけチンチンをはみ出させて美雪が来るのを待った。最初の頃は部屋に入るなり「朝だぞ~起きろ~」と大声を出していたが、横チン作戦を始めてからは逆に俺が起きないように静かに部屋に入ってくるようになった。そして俺に近寄って肩を軽く叩きながら小さな声で「朝だよ~」と美雪は起こすふりをする。もちろん俺は起きずに寝たふりをしている。それを確認した美雪はそっと俺のチンチンを触り始める。薄目を開けて見てみると美雪は自分の左手をアソコに押し当てていた。俺のチンチンはどんどん大きくなっていく。しかし、いつものように息子が部屋から出てくるのが分かると、美雪は俺の身体の上に布団をかけて少し強めのビンタを2,3発入れながら「早く起きろよっ」といって何事もなかったかのように部屋から出ていくのであった。そんな作戦が見事にうまくいって俺は美雪とたっぷりエッチを楽しむことが出来るようになったのであった。