無視せざるを得ぬ町…っ!無料でネタバレ 町民全員から無視され透明人間状態!町の女を片っ端からハメ倒すww

BookLive!コミックで配信されている
無視せざるを得ぬ町…っ!ネタバレを紹介します!

 
町の命令で全町民から無視されてしまった主人公の男。。
 

待てよ・・・
全員に無視されているということは
オレは今、透明人間と同じ状態ってことだよな・・・

ということは、女どもになにしても許されるってことだよな・・・!

 

全町民に無視されてしまった男は
切望の淵から一転して、最高の状態にww

 

町にいる女たちは
いきなり胸を揉まれても・・・
クラス全員の前でブラを外されおっぱいポロリしても・・・
昼休みのランチ中にフランクフルトがわりに肉棒を咥えさせらえても・・・
そしてそのまま激しくイラマされて口内射精されても・・・
授業中にバックで生チンぶち込まれて激しくピストンされても・・・

そのままクラス全員の前に膣内にぶちまけれて中出しされても・・・
何度も何度も犯されても・・・

何度も何度も孕むまで中に出されまくっても・・・!

なにが起きても絶対に無視し続けなけれならない・・・!!

 
無視せざるを得ぬ町…っ!最高!!!www

 

無視せざるを得ぬ町…っ!ネタバレ 全員に無視されていることを逆手に取り、次々と町の女を犯していくゲス男ww

街で一人だけ、無視をされている俺。最初は孤独を感じ、辛かったですが、逆転の発想をひらめいてしまったのです。何をしても無視されるというのは、何をしても許されるということだとひらめいたのです。私は、手始めに市内の女子高生へ行きました。生徒たちは私が入ってきたことに気付いています。しかし、無視しなければいけないので、何も言ってきません。そして、校内に入り、周りには女子高生だらけです。そこで私は服を脱ぎ始めました。そして、全裸です。女子高生がたくさんいる前で全裸です。露出好きな私はその状況だけで、勃起がおさまりません。そんな変態な状況に女子高生も気付いてます。しかし、声もあげられません。逃げられもしません。そのまま私は教室へ入ります。誰もが気付かないふりをしています。そして、私は目星を付けていた、この街で有名な美人女子高生の喪とへ行きます。その子の前でしこり始めます。彼女には完全に見えてるのですが、見えてないふりです。そして、私は彼女を触り始めます。最初はビクっとしましたが、抵抗はしません。抵抗できないのです。そして、服のすきまから生乳を揉みながらしこります。そして、彼女を立たせ、パンツをおろします。先生や他の生徒は見てみぬふりです。そんな中、私は女子高生のあそこへ挿入です。彼女は声を我慢してます。授業中の教室にぐちゃぐちゃといやらしい音が響きます。完全に感じていますが、無視しなければいけません。そして、そのまま彼女の中へフィニッシュです。そして、半裸の彼女をそのままにスッキリした私は帰りました。また、明日も来ようかな。明日は誰にしようかなとニヤニヤしながら眠りにつきました。

無視せざるを得ぬ町…っ!ネタバレ 授業中にクラスのマドンナを他の男どもの前でバックで犯しまくり中出し!ww

何をしても無視されるのだから何をしても自由だ。俺は町中を歩き、可愛い女の子を物色した。しばらく歩くと、女子校の生徒が歩いて来るのが見えた。赤いチェックのミニスカート、白いシャツ、可愛い制服で評判の学校だ。目の前の子は、細身のセミロング、胸は巨乳では無いが、服の上から膨らみを感じる程度はある。顔はそこそこ可愛い。『よし、この子だ(笑)』その子は当然、俺に構うことなく通り過ぎる。俺は後ろを付いて行って手を伸ばし、スカートをめくった。ブルーの下着が見えた。その子はノーリアクションで歩き続ける。信号で立ち止まった時、後ろから抱きつき、胸を鷲掴みにしてみる。『・・・』その子の顔は動揺を隠し切れないが、無視しないと大変なことになるので、無抵抗でリアクションを必死に堪えている。胸を揉みながら耳を舐めると、微かに声が聞こえてきた。制服のボタンを外し、ブラに手を突っ込んで胸を揉む。女の子は顔を赤くして行きが荒くなり、それを見て俺の興奮は増して行く。胸を揉み終わると、太ももに手を伸ばし揉んでみる。柔らかく触り心地がいい。俺はしゃがんで太ももを舐め、スカートの中に顔を突っ込んで、アソコを舐めたり吸ったり、やりたい放題。押し倒して最後までやってしまおうと、一スカートから顔を出した隙に、その子は走って行ってしまった。盛り上がった下半身を処理する為、次のターゲットを探していると、去年卒業した先輩を思い出した。美人で胸が大きく全体のスタイルも抜群のあこがれの的、家は近くだ。『よし!』先輩の家に着くと、シャンプーの香りがした。誰かが風呂に入っている。風呂場の窓から覗くと先輩だった。Fはありそうな胸、ピンクの乳首、くびれのある腰。視線を感じた先輩と目が合い存在に気付かれたが、必死に無視する先輩。窓から浴室に入り、服を脱いで、抱きついた。先輩は震えていたが、当然無抵抗。柔らかい胸を上下に揺らし堪能すると、舐めた後に吸い付く、そして下半身に顔を移し舐め回す。先輩は慣れているのか、声は出さない。ビンビンになったアレをいよいよ挿入。対面座位で突きながら、揺れる胸に顔を埋める。最高に気もち良い。さすがに先輩も我慢出来ず声をだし、それに俺の興奮も増して、下半身の動きを激しくする。『ズコズコズコズコ』いく寸前で抜き出して、先輩の胸に精子をかける。残りの精子を失神状態の先輩の口にかけて終了。

無視せざるを得ぬ町…っ!ネタバレ クラスの女ども、いつも口うるさい女教師、そして町の女全てがオレのものww

今日は寝坊したから朝食抜いてそのまま学校。通学途中に赤ん坊を背負ったむちむちした奥さんがゴミ出ししている。タンパク質補給していくか・・・奥さんの大きなおっぱいにむしゃぶりつく。濃厚な母乳が乳首から溢れてくる。もうお腹一杯。ごちそうさま〜。通り過ぎるOLさん達のケツを触って挨拶がわり。学校に到着して教室のいつもの席に。隣は、学校で1番の可愛い子。スカートの中を覗いてパンツの色を確認。そしてパンツを脱がしてま◯こをべろべろ舐め回す。彼女はマグロ。しかし、体は正直であそこはグジョグジョ。ピクんと身体が痙攣している。チャイムがなり、昼休み。何を食べようかな〜保険室に向かい、そこには40代前後の熟した保険の先生がバナナを食べていた。俺はち◯こを先生の口の中に挿入・・・先生は無表情でち◯こをほうばる。口からは我慢汁が垂れる。そのまま射精して、ごっくん。先生は久しぶりのち◯こなのか、なかなかち◯こを離してくれない。先生〜!授業行かなきゃ!とその場を去る。放課後、今日は掃除当番。幼馴染のあの子と2人きり。ぽっちゃりした真面目な子。今日ま◯こはいっぱい味わったので、デザートが食べたい。パンツをずり下ろし、ふたつの穴をぺろぺろ。ま◯こから溢れたマン汁がア◯ルに流れる。そのマン汁でア◯ルを潤す。ギンギンのち◯こでア◯ルに挿入。何という締まりの良さだろう・・・秒殺。ア◯ルからザーメンがドクドク流れる。彼女は相変わらず無表情。が顔は赤く火照っていた。

無視せざるを得ぬ町…っ!ネタバレ スケベな格好して犯されたくて仕方ない女教師をお望み通りに激しく犯すww

私は空港に行きました。狙いはCAや空港職員です。空港を利用する時にどんな客にも親切丁寧に接客してくれるのですが高学歴でプライドが高くいつもお高く止まった印象を受ける彼女たちを目当てに空港を目指したのです。空港ではいつもと同じ業務が行われていましたがいつもと唯一違うのは私が全ての人から無視されていることでした。時々空港を利用していましたがあのパリッとした制服に黒ストとパンプスを履いている姿にいつも目が釘付けになっていました。いつまでも眺めていたい、できるならスカートの中に手を入れてみたい、いつもはそんなことできるはずもありませんが今日からは違います。みんな私を無視しているのです。私は周りにいるCA、空港職員に対し品定めを始めました。ひとしきり品定めをした後、私は20代半ばくらいのスラっとした美脚の空港職員に近づきました。その彼女は近くで見ると引き締まった脚が艶めかしい・・・触りたい。近づいた私に対して彼女は無視を決め込んでます。ドキドキする気持ちを抑えながら彼女の足にそっと触れました。彼女は一瞬、ビクッとなりましたがそれでも無視を決め込んでいます。私は彼女の黒ストに包まれたふくらはぎからゆっくりと太ももの方へ手を動かしていきました。彼女は息遣いを荒くしながらも何事もなかったかのように業務をこなしています。私のドキドキは一向に収まりません。私の指は彼女のアソコへ到達し、ゆっくりと触りました。私にストッキング越しとはいえアソコを弄ばれている状態で顔を真っ赤にしながら必死に業務をこなす彼女を見ていると更なる欲望がわいてきました。脱がしたい欲望にかられ少しずつ少しずつ裸にしていきます。パンツも抜きとり、全裸で黒スト直履きという状態にしました。彼女は恥ずかしさで顔が真っ赤ですが無視を止めるわけにはいかないので恥ずかしい状態で必死に耐えています。私はそろそろと思い、黒ストのクロッチ部分を破りそそり立った私のアレをぶち込みました。私はゆっくりゆっくり動かしました。最初は屈辱に耐えている状態でしたが動かしているうちにメスの声を上げるようになってきました。彼女は喘ぎながら業務に取り組んでいましたが最後は私の精子を彼女にプレゼントしたのです。その後の私はもう止まりません。次々と犯しまくった私は満足して空港を後にしました。

無視せざるを得ぬ町…っ!ネタバレ クラスメイトの目の前で誰もがヤリタイ、クラスで一番可愛い子を遠慮なく犯す快感!ww

それはある日突然おこった出来事です。その街全体。人間全員が私をみても誰も気づかないのです。気づかないと思ったのですが視線は感じます。まるで人間全員から無視されているみたいです。そのことに気づいた私はこの状況を逆手にとりむしろ利用してやろうと思いました。何をしても無視をする知らないふりをする、それならそれでかまわないと思うようになり、私は街のすべての可愛らしいと思う女性を毎日毎日気がすむまで性欲が満たされるまでひたすら犯し続けるのです。街の可愛い女性を集め縛り並べて片っ端から女性に生でチンポをはめていきます。1人約1分間腰をフリ終わるとまた次の女、次の女と並べた順についていきます。それでも女性は何も喋らない言葉をかえさない無視のままです。それとは別に女性のと身体だけは嘘はつきませんマンコから愛液が溢れてきます顔。それでも女性は顔色1つかえることなく私を無視します。また街の女性にも飽きたので次は自分の身近なまわりの女性を犯したくなりました。身近な周りの私を無視するのは学校の教師、保健室の先生、クラスメイトも見事に無視をしてくれます。やっぱりかという気持ちとイヤらしい気持ちが混ざりあいます。まずは綺麗な教師から犯していきます。普段綺麗で知的な女性教師を犯すのは気持ちがいい、次はいつも露出の多い色気のする保健室の先生は白衣をまとったままベットで犯します。クラスメイト人前で犯します。。しかしすべての人が私を無視します。これはこれで素晴らしい、こんないい事はないと思う私の話でした。