おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話ネタバレ エッチな家庭教師のお姉さんのおっぱいでいっぱいドピュドピュしちゃおう❤

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のお姉さん・・・
テストで100点取ったらおっぱいで挟んで発射させてくれる家庭教師のお姉さん・・・!
自分のま〇こで思春期ち〇ぽをゴシゴシさせてくれるエロ過ぎる家庭教師のお姉さん・・・!!

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽おっぱいで生徒のヤル気を引き出す家庭教師のお姉さん・・・❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

■おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話 第1話ネタバレ 「いっぱい出すとスッキリできるよ」

・あらすじ
家庭教師がやって来たのは、住宅街の一角にあるお宅。
生徒はそこにいるのだが…

「先生…ほ、本当に見せてくれるんですか…?」
祐真は先生に恐る恐る聞いてみた。
「うん、いいよ…」
先生は静かに手を背中に回し、ブラのホックを外し始めた。
プチッ。
ホックは外れストラップも肩からスルリと白い肌から滑り落ちた。
祐真はドキドキして顔を赤くしながら、その光景を見守っていた。
大き目のカップが肌から離れると、そこに白く柔らかく豊満なおっぱいが現れた。
先生は祐真の興味津々な視線にドキドキしながらおっぱいを露わにしていた。
「はい。どう?」

―この先生、実はおっぱいを見せたり触らせたりする家庭教師をしているのだった。
世間では「おっぱい家庭教師」と呼ばれている仕事だ。

多感な時期である生徒に「おっぱい」の魅力で成績アップにつなげる効果があることは、知られている。
そんな需要の高まりから、近年では家庭教師にも「おっぱい」が求められているのだ。
そして、今日からそのおっぱい効果の授業を受けるのは、祐真こと佐藤佑真だ。

祐真は目の前に現れた大きなおっぱいを、暫らく目をパチクリさせながら眺めていたが、心身共に疼くのに堪えきれず、かぶりつく様に聞いた。
「え…本当に…?いいんですか…?」
先生は祐真の頭をおっぱいに挟むように抱きしめた。
ぎゅっ…
そして豊満なおっぱいに顔を埋めて幸せな気分に浸っていた。
「いいんだよ。触って…いっぱいモミモミしようね」
「おっぱい触るのも、お勉強のうちだからね」
先生は、そう優しく祐真に言うのだった。

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽おっぱいで生徒のヤル気を引き出す家庭教師のお姉さん・・・❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

しかし、祐真がシッカリおっぱいに挟まり頭をゴリゴリしていると、次第に先生には刺激となっていた。
「あっ…」
祐真も次第に興奮状態になり、息が荒くなっていく。
「ふ…、ふぅ…んん…」
そして乳首をも吸いたい衝動に掻き立てられていた。
「ちゅぅぅ。ちゅっ、ちゅぅ…」
気づけば舌を使って乳首を転がしていたのだった。
これには流石の先生も身体をビクつかせ、感じざるを得なかった。
「ん…んっ…!」

先生も最初のおっぱい授業としては限界だと感じていた。
おっぱいを祐真から離し、手で隠しながら優しく言った。
「今日は…もうおしまいね…」
祐真は「そうなんだ」という顔をして寂しげな表情をした。
少し息が上がった先生は言葉を続けた。
「お勉強がんばったら、また触らせてあげるね」
祐真は急に現実に引き戻され、ボーっとしていたが、やがて状況が飲み込めたて返事をした。
「は…はい」

数日後の家庭授業の事であった。
先生は祐真を膝の上に乗せて勉強していた。
「お勉強中なのに、こんなにオチ○チン硬くして大丈夫?痛くない?」
心配してオチ○チンをさすっていたのだ。
「あ…!はぁ…」
祐真は先生の手の温もりを感じていた。
「これじゃ集中できないでしょ?」
先生は擦る手を速めた。
「う…うんっ…」
祐真は徐々に息を荒くしながら告げたのだった。
「先生のおっぱいが頭から離れなくて…学校でも硬くなっちゃうんだ…」
ハァ…ハァ…

先生は何とか祐真の辛さを開放してあげたかった。
「そっか…それじゃ辛いよね…先生が処理してあげる…」
と、先生は祐真の股間に手を差し伸べた。
「え…?処理?」
祐真は何の事か理解が及ばなかった。
先生は祐真の硬くなったオチ○チンを握った。
「うん…そうよ、こうやってオチ○チンを優しく握って上げるでしょ。」
「そしたら、こう…ゆっくり…ね…擦るのよ…」
シュッ…シュッ…
「どう?気持ちいい?」
祐真は小柄な身体を先生に預け、一気に快感へ昇っていった。
ハァ…ハァ…う…あぁっ…

祐真の様に、おっぱいに過剰に反応してしまう子の場合は、家庭教師が責任をもって性処理をしてあげる事になっている。
クチュッ…クチュッ…
「あ、お汁が…こんなに…」
クチュッ、クチュッ…
祐真は堪え切れず声を上げてしまった。
「あっ…先生…あっ…気持ちイイ」
…この子、私の手で気持ちよくなってる…
…すごい…どんどん溢れてくるわ…

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽いっぱい触っていいんだよ・・・❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

部屋の中に擦る音と祐真の喘ぐ声がが響き渡った。
クチュッ…クチュッ…あっ…あっ…クチュッ…クチュッ…
「これだったら、すぐに出ちゃうね…」
先生は優しく耳元で囁いた。
「え…?なに…?」
祐真はあまりの気持ちよさに何が起きているのか分からなかった。
「祐真、精○をいっぱい出すとスッキリできるのよ」
しかし祐真は気持ち良さに耐えるだけで精一杯だった。
ふっ…ふっ…
「ほら…オチ○チン、ピクピクしてきたよ…」
「もうじきだよ、出しちゃえ…!」
はうっ…ドピュッ!
祐真のオチ○チンから勢いよく精○が飛び出した。
「あっ…」
祐真は声にならない、切ない吐息が溢れた。

「いっぱい出たね…スッキリした…?」
先生は祐真を優しく介抱する様に抱き寄せた。
「あ…ハァ…ハァ…うん…先生…」
そんな祐真に先生は優しく声を掛けた。
「オチ○チンが硬くなったら、またしてあげるね…」
祐真は快感の冷めやらぬ中で声を出した。
「本当…?」
先生は頷きながら祐真の頭をなでて答えた。
「本当よ…そのぶんお勉強も頑張ろうね…」
祐真は安心した様に先生の目を見て頷いた。
「う…うん、頑張るよ」

■おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話 第2話ネタバレ 「テストで百点取ったの? じゃあ…」

・あらすじ
「あらっ、テストで100点取ったの?えらいわね…」
祐真は「頑張ったよ」と頷きながら、先生のおっぱいを触りたげな顔だった。
「じゃあ、おっぱい触っていいよ」
先生はシャツを上げ、豊かなおっぱいを祐真の目の前にさらけ出した。
祐真はおっぱいの間に顔を埋め、幸せそうな顔をしたのだった。
「先生のおっぱい…好きなんだ…」
先生は安心した様に優しく頷いた。
「そうなの?よかった、よかった…」

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽おっぱいで生徒のヤル気を引き出す家庭教師のお姉さん・・・❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

そうこうしているうち、一ヵ月が経ち、先生と祐真はすっかり打ち解け、おっぱいを吸われることにもだいぶ慣れた様だった。
「またオチ○チン勃っちゃった?そっか…じゃあ…オチ○チン出して、ウフ…」
先生もまた嬉し気な顔で、いつもの様にシャツを脱ぐのだった。
「今日はね、祐真くんが大好きなおっぱいでシテあげるね…」
この日の先生は、祐真のオチ○チンをおっぱいで挟み、快感を味合わせてあげようと思っていた。
ヌプッ
オチ○チンはすっかり先生のおっぱいに埋まってしまった。
「うわ~おっぱいの中に…すっぽり入っちゃった」
そして先生は口を半開きにして唾液を祐真のオチ○チンの上に垂らすのだった。
つっ…
そこからは祐真にとっては「初めて」のパイ○リだった。
ぬっぷ…ぬっぷ
「ほら…ヌルヌルおっぱいだよ、気持ちイイ?」
祐真はすでに硬くなっていた。
「あ…あ…」
にゅぷっ…にゅぷっ…
「ふふふ…気持ちイイでしょ…?」
先生も「オチ○チンを挟んでいる」と言う快感で顔が上気していた。
「あ…あ…あっ気持ち…イイ!あ~先生っ!」
先生はラストスパートにと、おっぱいを強く挟んで擦っていた。
にゅく…ぶるんっ…にゅぷっ…
とうとう堪りかねた祐真はイってしまった。
ドピュッ!
先生はオチ○チンがビクンと跳ね上がったのにビックリした。
「あんっ…!」
祐真はまだ出し続けていた。
びゅるるぅ…
「あ…!す、すごい…!」
先生はビクビクしているオチ○チンを見ながら、思わず咥えてしまった。
ぱくっ…ハム…ハム
祐真の刺激は倍増だった。
「あっ…!せんせ…っ!うっ!」
ちゅぅぅぅ…
先生は最後の一滴まで飲み干そうとバキュームフ○ラをしていた。
ぢゅるぅぅ…ぢゅるっ…ゴキュ…ゴキュ…
「あ…っ!あっ!飲んじゃったの…?ハァ…ハァ…」
おっぱいの狭間が精○で濡れていた。
「あ…すごい…おっぱいがトロトロよ…」
これで、祐真くんの気持ちいいところも、だいぶ把握できた様だった。
祐真はあまりにも気持ち良かったので先生に抱きついた。

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽いっぱい触っていいんだよ・・・❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

「先生…!」
「なぁに、どうしたの祐真くん」
祐真はまだ勃っていた様で、まだ刺激が欲しかった。
股間を先生のお尻に擦りつけていた。
「祐真くん、オチ○チンを押し付けないで…」
「もう、甘えん坊さんなんだからぁ」
「脱ぐから、ちょっと待っててね」
先生はスカートを脱ぐとその中にあった薄いパン○ィもスルりと脱いだのだった。
更にはシャツをも脱いで全裸に…
「おいで、抱っこしてあげる…」
先生は祐真を赤ん坊の様にお腹の上に乗せて、おっぱいに甘えさせたのだ。
「先生…おっぱい…好き…」
「も~エッチなんだからぁ」
と先生は祐真とイチャつきながら言うのだった。
そんなこんなで抱き合う時間が増え、最近の祐真くんは、私にべったりで離れようとしないのである。
祐真は無意識にオチ○チンを先生の股間にあててしまっていた。
「祐真くんダメだよ、そこは…挿入れたらとっても気持ち良くて、すぐにドピュ~ってしちゃうと思うけど」
先生は自分のオ○ンコをクチュクチュさせながら言った。
「ガマン…できるよね?」
祐真は困った。目の前でそんなにされたら…
「え…あ…んん…」

■おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話 第3話ネタバレ 「上手に出せたね♪えらいえらい♪」

・あらすじ
目の前で先生のオ○ンコをクチュクチュされた祐真であるが、ガマンなどできるハズがなく、オ○ンコに自分のオチ○チンをあてがってしまった。
「あ…何してるのかな?祐真くん」
先生はあてがわれたオチ○チンに挿入ってしまうかドキドキしていた。
「だ・め・よ。祐真くん。本当に挿入ちゃうから…」
祐真は勢いで少し腰を突いてしまった。
ヌプ…
「せんせ…っ」
突然の出来事に先生はビックリした。
「あっ…そ、それは…」

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽いっぱい触っていいんだよ・・・❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

祐真は挿入った初体験感覚にゾクゾク身体が震えた。
「ハァ…ハァ…あったかい…」
先生はとうとう来たかと祐真に優しい言葉をかけた。
「祐真くん…挿入っちゃった…ね…」

―規則では生徒とのセッ○スは禁止されてはいるのだが、あまり守られていないのが現状の様である。
そして…家庭教師とのセッ○スで童貞を卒業する子が年々増えているのだとか…

「悪い子…ね…祐真くん…本当はいけないんだよ…」
挿入ったら最後、祐真は快感に身をゆだねて腰を強く振るのであった。
たん!たん!
ハッ…ハッ…
「ご、ごめんなさい!でも…身体が勝手に…!」
「せ、せんせいの中…ヌルヌルしてるよ…あっ…!せんせ…っ!」
祐真はあっという間にイってしまった。
「もう…だから言ったのにぃ…」

しかしまだまだ硬い祐真は抽送を続けた。
そして何回もイキ続けた。
ビュッビュッ
「あっ…祐真くん、すごい勢い…」
ハァ…ハァ…ハァ…
萎えない祐真は、先生のバックに周った。
先生の白いお尻を支えながらバックで突いたのだった。
たん!たん!せんせいっ…
「祐真くん頑張ってね…うふふ」
パンッ、パンッ、ハッ、ハッ
祐真は大人の様にバック突きをがんばった。
「あぁ、上手よ祐真くん…んん…あんっ」
パコッ、パコッ、ドクッ、ドクッ
「あ…すごい…出しながら動いているわ…」
祐真は、先生の舌とを絡めて…ディープキスをも試みた。
はぁ…ちゅぅ…

先生は祐真の上に跨って上下運動をしてあげたのだ。
「今度は先生が動いてあげるから、ね…最後の一滴までぜーんぶ出しちゃおうね」
「そしたら、集中してお勉強できるよ、きっと」
ヌプッ…ヌプッ…
白いおっぱいとお尻がタプタプ揺れるのが祐真の目から見てとれた。
祐真は視覚的興奮と下半身の刺激に身体が震えた。
「う…っ、あ…っ、せんせい…あぁっ」
先生は確かめる様に祐真に聞いてみた。
「どうかなぁ?そろそろ出ちゃいそう?」
祐真はおっぱいに顔を埋めながら頷いた。
先生は騎乗位のまま優しく囁いた。
「いいよ…先生と一緒にイこうね…」
たんっ、たんっ、ハァ…ハァ…
「ほら、いいよ、ピューって」
ビュッ、ビュッ…ハァ…
「と、止まんない…せんせい…」
「いいよ、上手に射○できたね、えらいえらい」

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽おっぱいで生徒のヤル気を引き出す家庭教師のお姉さん・・・❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用